耳栓を着けないと眠れないTonight

毎晩耳栓を着けて眠っている。

 

 

特別周りがうるさいというわけではない。

もはやただの習慣で、どこに泊まろうと耳栓をして床につく。

実家が高速道路沿いにあるマンションで、初めて耳栓をして眠った時に驚くほど熟睡したことがきっかけだった気がする。

 

 

リュックの中には必ず耳栓が入っていて、普段から「刺激的だな~」って思った時はおもむろに耳栓を着けて過ごしている。

聴覚過敏気味なところがあって、東京都はその点においてパーフェクトに苦手だ。

もし渋谷なんかで僕を見かけることがあったら、耳栓をしている上でなおのことうるさくてしかめっ面をしているかもしれない。

ただ雑踏は割と好きなので、スクランブル交差点をウロウロしていたりする。

 

 

 

この耳栓を10年近く使っている。

個数は結構バリエーションがあり、高いものではない。

先日ついに50個入りのを買った。

僕はかなり物の管理がダメなところがあり、しょっちゅう片耳分だけをどこかにやったりn≧3個も耳がある人みたいな個数、耳栓が机の上に並ぶ。

 

同メーカーの他のタイプの耳栓も試してみているが、これが一番調子がいい。

確か遮音性が最強だったはず。最強というだけで中二心をくすぐられるので買いだ。

ただ、薬局でよく売られているオレンジのやつとは比べ物にならないほど、耳に優しいのは間違いない。

比較するためのパッケージもある。

 

 

耳栓、もはやただの習慣なので、普段意識することはないけど眠る時に物音が気にならないという副次的な効果がある。

同居している人が歯ぎしりやいびきする事がある、近所に走り屋がいるなど、眠る時に音の障害が発生することは多い。

もうちょっと繊細な例だと、寝息とか、虫の声とか。

僕はかなり神経質だから、アナログ時計のカチコチも一度意識すると気になってしまう。

そんな夜にも、耳栓は寄り添ってくれて、静かな環境をくれるので良いです。

 

耳のサイズなど、自分にあったものを多少ガチャする必要はあると思うけど、快適なサイレントライフを送れるよう祈ってこの記事を書きました。

非常にどうでもいいことですが、僕は耳栓を着けて音量をマックスにした状態のヘッドフォンをつけて音楽を聞くということを年に数度します。

理由は自分でもよくわからない。

 

終わり。