ハチ公ハウス

ポエムノート

ネットラジオを始めました!!!!

最近、spoonというアプリでラジオをはじめました!

 (結構文量と文字数が多いので、ゆっくり読んでくれると嬉しいです!)

f:id:advancetry:20180614121321p:plain

 

www.spooncast.net

 

インスタやツイッターでちらほらと広告を見かけるようになった、映像なしの音声のみストリーミングサービスです。

ストリーミング配信のLIVEとアーカイブスのCASTという仕組みがあり、まあ半々くらいでやってます。

そもそも、リリースが4月なのでアクティブユーザーが夜でも1000人くらい。

そんな、こじんまりとしたプラットフォームでラジオをはじめました。

まだ方向性は模索しているところだし、視聴者なんて5人もいれば多い方。

一人喋り自体が実に7年ぶりくらいなので、ド緊張しながらああだこうだ喋っています。

でも「自分の話を聞いてもらえる」という喜びが、確かに胸のうちにあり、ここ数年程どこか虚ろだった自意識にすぽっと何かがハマったような感覚があります。

 

どうか、この記事を読んでくれた人も、spoonをインストールして僕の話を聞いてください!!!!笑

まだゴタゴタしてますが、いずれ皆様の生活にちょっと何かを加える配信を送ります。

青田買いして損は無いですよ!!!!

 

 

 

少し話はそれますが、ここ数ヶ月の職探しを機に「自分がしたいことはなんだろう」と考えました。

その時キーワードになったのが「個人発信」。

そもそも自分がインターネットで何かしらを発表し始めたのが10歳、小5。

雑記ブログといえば体はよく、ただただグオーッと衝動を書き連ねた便所の落書きだったことは間違いないでしょう。

 

話す、という形で発信をする転機が訪れたのが中学2年生。コンビニでWebmoneyを買ってニコニコプレミアム会員になり、ニコニコ生放送をはじめました。恐る恐るだったのか、何も考えず始めたのか、今では覚えていませんが…。

そこから高校放送でアナウンスをしたり、大学では写真や映像コンテスト、同人誌を制作するなどメディア漬けの人生を送ってきたと言っても過言ではないでしょう。

自分も今や22歳、発信を始めてからの人生のほうが長いわけでして。

 

就活でも、ど直球にメディアを選ぼうかとも考えましたが、これまでの人生で「誰かの何かを伝えたい」という思いで発信をしたことは指折り数えられるほどで、今も昔も「自分の話を聞いて欲しい」という衝動のみで発信をしていますので仕事にはしませんでした。

spoonでもそうだけど、他の人の配信とかめったに見ないんです。人の話に興味があまりなく、ただ自分の言いたいことを言いたいだけ言えればいいので…笑

非常に不遜であることは理解しているし、大学生活中にどうにかしようと試みたこともあったけどどうにもならなかったので、僕は自分の話を聞いてほしいということベースで発信を続けていきます。

昔と違うのは、多少受けての気持ちを考えられるようになったので、どうすれば楽しく自分の話を聞いてもらえるかということに頭を悩ませることができるようになったことですね。

中学生の頃は、ニコ生先駆者の友人に対するあこがれと、飽和する視聴者がなだれ込んでくれることによる承認欲求のみで突き進んでいた所があります。笑

 

 

 

spoonではハチ公先生という名前ではなく、本名をベースとしたハンドルネームで活動しています。

そして、いずれハチ公先生という名前も廃止しようと考えています。ハチ公、ハッチー、などマイナーアップデートを繰り返しつつ、この名前でたくさんの友人を作りました。実にニコ生時代から10年ほど使っていた、愛着がある名前であることは間違いない。

でも、この名前はインターネットで使うにはリアルに近すぎて、リアルで使うにはインターネットに寄りすぎました。具体的に、ということは挙げられないんですが、妙に縛られて動けなくなることがあったと感じています。

 

もう少し整理が済んだらspoonの方の名前に移行していきます。

もしかしたらまた匿名性が強いインターネットネームを名乗り始めるかもしれません。インターネットの出会いがくれるセレンディピティが大好きなので。

その時は延々とド下ネタばかり言うとか、そういう従来の自分と違うスタイルを取れればいいな。いや、どシモネタばっかり言うの自分と違うわけでもないか。

 

 

就職先も決まり、引っ越しもして、もうじき大学も卒業します。

たくさんの変化を伴う時期に、自分の発信活動もリバイバルというか、衣替えと言うか、まあそんなことをしてみようと思っています。

芯のようなものは変わらないと思いますので、ハチ公先生のフォロワーの方にはどうぞまた温かく見守ってもらえればと思います。

初期衝動のような自分と楽しく遊んでくれたあなた方のお陰で今の自分があります、その感謝の念は言葉に表し難いほどです。

 

今後共、よろしくお願いいたします。

www.spooncast.netまだ地獄のようなラジオの一回目です