Google音声入力でブログを書いてみた+就職ゲームについて

けんすうさんのブログで「Google音声入力でブログを書く事っていうのが意外と簡単だ」みたいな話を読み、ちょっと僕もやってみようかなと思ったので話しながら文章を作っています。

 

ある程度の長さの文章を書きたいなと思うんだけど、そのためにプロットをしっかり組まないと書けないって思うので、あんまり書けていません。音声入力で長文を書けるのだとすれば、結構画期的なことで。

それにものを考えながらぶつぶつ喋るのが、中学生の頃やっていたニコ生以来になるんだけど、そういったことをまた再開したい自分にとっては、一人しゃべりの良いリハビリになるとも思っています。

喋ったことが全部文章化されるから、後から自分ってこういう話し方のクセがあるんだって言うことも分かるし、これだけ精度よく変換してくれたりしてるのであれば、あ

あんまり編集もストレスにはならないので、しばらくは続けるつもりです。

最終的にはラジオとかで音声を直接話せるようになればいいんだけど、今こういう風に話している間にも自分の喋りがまとまってないっていう強迫観念みたいなものにとらわれていて、なんかうまくいかないです。笑

リハビリが済んで気が向いたらツイキャスでもやろうかなあ。

 


最近は就活、テストにも追われてる中で、ゲーム実況をすごくやりたいなって思ってます。

やるゲームも決めていて、その名も就活ゲーム。

f:id:advancetry:20180125012203p:plain



95年とかのスーパーファミコンのゲームです。

これを通じて、結局は就活したくないなーっていう考えとかを話す、のかな。

古いゲームで類似するゲームって言ったらリクナビとかの性格診断くらい?まああれもゲームではないので…。

楽しみに待っててもらえればなという思います。鬱々と話す僕がいると思うので…。

 

今回はテスト記事っていう形でタイトルもそんな風に書いてますが、これからはこういう形で敷居を低く、たくさん長文を書きたいです。

すでに今回の記事を編集しながら、自分の喋り方の癖がわかったので、あんまり同じ表現を多用するのもポギャ貧で良くないし、どんどん新しい表現も取り入れながら話せればなと!

是非また読んでください。おやすみなさい!

 

 

 

 

 

喋り、10分くらい。編集、15分位。

文字数、900くらい。

ほんと変換の精度が高くてノンストレスだからしばらく続けてみたい!

「~って言う風に」「と思っています」って何度も言ってる自分のほうがストレスフルだった…。

ところで、noteとか違うメディアも試してみようかなと考えたりもしています。はてなブログより優れたシステムがあるのであれば。